Photoshopで英語の小文字が入力できなくなった時の対処方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

Photoshopで英語の小文字が入力できなくなった時の対処方法!

ほぼ毎日、Photoshopを使用していますが、いきなり英語の小文字が打てなくなり、全て大文字になってしまいました。

英語の小文字が入力できないと困る!ということで、Photoshopで英語の小文字が入力できなくなった時にPhotoshopの設定見直しをご紹介します。

スポンサーリンク

Photoshopで英語の小文字が入力できない

何もいじっていないはずのPhotoshopで、いきなり英語の小文字が入力できなくなりました。

小文字で打ってもPhotoshopでは大文字で表示されてしまったのです。

例えば、Photoshopと入力したのに、PHOTOSHOPと全て大文字で入力されてしまうのです。

Caps lockがかかっていないかチェックしたけれど、かかっていません。

大体、テキストや他ではきちんと小文字も入力されています。

Photoshopでのみ、という現象。

調べてみると、結構多いのですね。

それぞれ、設定の見直しが書いてありましたが、私の場合、一つではダメだったので、2つご紹介します。

文字パレットのオールキャプスを外す

Photoshopで英語の小文字が入力できなくなった時の対処方法!〜オールキャプスを外す〜

まず、文字パレットの上部にある下向きの矢印の先をクリックし、その中の “オールキャプス” はチェックを外します。

これだけしか紹介していないところもありましたが、ここを外しただけでは小文字は入力できませんでした。

文字パレットのTTを外す

オールキャプスのチェックを外しても小文字は入力できなかったので、他の設定も探しました。

そして、見つかったのが、文字パレットの “TT” を外す、と言うもの。

Photoshopで英語の小文字が入力できなくなった時の対処方法!〜文字パレットのTTを外す殻〜

文字パレットの一番目につくところですね。

イタリックなどありますが、ここに “TT” というのがあります。

ここのチェックを外します。

すると、きちんと小文字も入力できるようになりました。

さいごに

Photoshopを使うようになって何年か経ちますが、小文字が入力できなくなったのは初めてだったので焦りました。

わかってしまえば、なんてことないのですが。

恐らく何かの拍子に文字パレットの “TT” のところを押してしまったのでしょうね。

知っている方も多いかもしれませんが、何年使っていても遭遇しないものではあるので、今後の備忘録を兼ねてご紹介しました。

しかし、小文字が入力できない、ってかなり困りました。

それだけ、英語を入力しているんだなぁ、と思った日でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする